日本の外資系企業数は東京が圧倒的に多い

MENU

日本の外資系企業数は東京が圧倒的に多い

外資系企業転職を考えた際に、まずは企業の勤務地や日本での本社に目をやる事がありますが、多くの外資系企業の場合東京に日本本社を構えている場合が圧倒的に多くなります。
そのため、日本でも勤務地も東京である事が多いため、外形企業転職を希望する人は中心地での勤務を考えた方がいいでしょう。

 

日本の中心街として東京は世界でも有名な都市の一つとなります。
その為多くの外資系企業が本社を構えています。
大阪や名古屋等にも支店を構えている企業もありますが、企業数はあまり多くはありません。
将来的な昇進のチャンスも含めて考えると中心地での勤務をお勧めします。
やはり多くのチャンスや機会がある都市であり、海外本社の人達が来る事が多い事も考えアピールするにも日本の大都市で勤務している事にメリットが多く存在します。
そして転職活動をする場合でも、外資系企業転職を強く希望しているのであれば、一度東京へ出て面接を行う事をお勧めします。
多くの外資系企業が本社を構えている分、面接の機会も多くなりますので、将来的な引越しも検討しつつ転職活動でも数回通う必要があるという認識でいましょう。
将来的なキャリアプランを考えた時に、自分にとってチャンスの多い場所での勤務を選択する事でさらにチャンスが広がる事でしょう。