外資系企業といっても日系企業と同じような社風の会社もある

MENU

外資系企業といっても日系企業と同じような社風の会社もある

外資系企業転職を考える人にとっては、日本企業と違い外資系企業は実力主義であり、日系企業独自の年功序列制度等が全く無いとイメージしている人も多い事でしょう。
しかし、全ての外資系企業がそういった社風を持っているわけではないため、転職の際はその企業の社風まで掴みましょう。

 

外資系企業の中でも古くから日本で展開している企業であったり、日本本社の社長が古くから在籍している日本人の場合等に多く見られる傾向ですが、日系企業の様な年功序列に重きをおいていたり、古い日系企業の体質を持つ外資系企業は存在しています。
日系企業の古い体質は好まず、外資系企業の企業体質を望むのであれば、企業研究や面接時等にその企業の体質を掴みましょう。
若くして活用している人が多い事が特徴でもある外資系企業ですので、面接時にそういった質問を採用担当者に投げかけてみる事も一つの方法でしょう。
そして企業研究の際の求人情報からや、企業ホームページ等からそういった社風や企業の考え方を掴む事が可能ですので、しっかりと企業の研究を行い自分なりの分析を行いましょう。
入社後に外資系企業なので日系企業とは違う社風と思っていた等のミスマッチが起きない様に事前の確認を明確に行いましょう。