外資系企業の年収は平均して高いのか

MENU

外資系企業の年収は平均して高いのか

転職の際に外資系企業を希望する人が増えて来ており、外資系企業転職へ様々なイメージを持っている事でしょう。
例えば、日系企業と比べ平均年収が高い、社風がさっぱりしている、語学を活用出来る等のイメージを持っているかと思いますが、実際外資系企業転職で年収は上がるのでしょうか。

 

基本的に外資系企業の平均年収が高くなる傾向にあります。
しかしどの企業やどの職種でも高いわけではない事は覚えておきましょう。
外資系企業の場合、主に英語等の語学スキルが求められる事が多くなりますので、日系企業では必要になかったスキルや経験を重視する傾向にあります。
そのため、そういったスキルや経験を持つ人が高い年収を享受出来るのであって、外資系企業転職をしたからといて全員が享受出来る訳ではありません。
しかし英語等の語学スキルを持っている事で将来的な昇進の幅も広がりますし、チャンスが多い事は事実なので入社時の年収は高くはなかったという人は将来に向けて給与の増加を目指して行く事で、実現出来る可能性が広がります。
給与がパーセンテージで年毎に増加して行く企業が多い事も外資系企業の特徴ですので、企業が求めるスキルを保有しているのであれば是非企業へアピールして行きましょう。