ドイツ系外資系企業の特徴(社風)

MENU

ドイツ系外資系企業の特徴(社風)

ドイツ系外資系企業の代表的な特徴は、徹底した合理性にあります。無駄なことをしていたり、無駄なことをやっていることは許されないのです。会議や報告でも、的確でシンプルで必要なことだけを正しく伝えることが求められます。はっきりしなかったり、要約されておらず、だらだらとした意見や報告は時間の無駄となり、嫌がられますから注意が必要です。

 

外資系企業転職をしたら、その企業の社風に合わせるのが一番です。外資系企業転職をしたのに日本流の仕事の進め方をしていたのでは、外資系企業転職をした意味もなくなってしまいます。多様性を受け入れつつ、上手く合わしていくことが大切なのです。

 

外資系企業転職の中でも非常に合理的で、理にかなった行動パターンを求められるのが、ドイツ系企業の特徴です。納得できるところは多いと思われますが、非常にドライに感じられたり、面白味がなく感じられることも多いことでしょう。

 

しかし、現実的で人権も守られ、やるべきことは効率的に行われますから、見習うことは多くなっています。仕事は遊びではないですから、割り切って、楽しくなくともさっさと片付けるようにするのがドイツ流のやり方です。ひたすら合理的な仕事のやり方を模索しましょう。

ドイツ系外資系企業の特徴(社風)関連ページ

米国系外資系企業の特徴(社風)
米国系外資系企業の特徴(社風)
中国系外資系企業の特徴(社風)
中国系外資系企業の特徴(社風)
韓国系外資系企業の特徴(社風)
韓国系外資系企業の特徴(社風)
イギリス系外資系企業の特徴(社風)
イギリス系外資系企業の特徴(社風)
フランス系外資系企業の特徴(社風)
フランス系外資系企業の特徴(社風)
スイス系外資系企業の特徴(社風)
スイス系外資系企業の特徴(社風)