フランス系外資系企業の特徴(社風)

MENU

フランス系外資系企業の代表的な特徴は、議論が好きであることが挙げられます。外資系企業転職をしたら、どの国の企業でも、日本よりはきちんと自分の意見が言えることが大切になりますが、フランス系の企業は特にその傾向が強いと考えて良いです。ただ、意見が言えるだけではなく、より掘り下げた見解を述べられるようにしておいた方が良いです。

 

また、フランス系の企業は、こだわりが強いことでも有名です。徹底的に洗練されたものを生み出そうとするのです。どうでも良いとか、何でも良いということはないのです。細部までこだわり、精巧に積み上げていくような仕事のやり方をします。

 

プライドが高いことも特徴です。安っぽいビジネスには儲かっても手を出さないことも多いです。また、顧客とは対等な立場であるとしており、常連客でも面倒なことを言えば、受け付けなくなることもあります。個人の権利意識も強く、人間として尊重した態度を取らなければ、例え上司や顧客であっても許されないのです。

 

しかし、一方で明るくて人生を楽しむ考え方を持った人が多いのもフランス系の企業の特徴になっています。洗練された先端のものを生み出す力もあり、やる気や遣り甲斐を持って働ける場合も多くなっています。

フランス系外資系企業の特徴(社風)関連ページ

米国系外資系企業の特徴(社風)
米国系外資系企業の特徴(社風)
中国系外資系企業の特徴(社風)
中国系外資系企業の特徴(社風)
韓国系外資系企業の特徴(社風)
韓国系外資系企業の特徴(社風)
イギリス系外資系企業の特徴(社風)
イギリス系外資系企業の特徴(社風)
ドイツ系外資系企業の特徴(社風)
ドイツ系外資系企業の特徴(社風)
スイス系外資系企業の特徴(社風)
スイス系外資系企業の特徴(社風)