中国系外資系企業の特徴(社風)

MENU

中国系外資系企業の特徴(社風)

外資系企業転職を考えている人は、その外資系企業がどのような特徴を持っているのかを抑えておく必要があります。
近年はボーダーレス化が進み、ビジネスをする上においても自国だけにはとどまらず世界に目を向ける必要が出てきました。
特に日本は島国ということもあり、外国とは文字通り海の向こうの話だけにグローバル化に後れを取っている傾向にありますが、これからの時代を生き残るためには世界を相手に戦っていかなければなりません。
技術大国である日本ですが、日本ばかりに目を向けていては技術だけで世界を開いてにしていける時代ではなくなったのです。
そのため、仕事を選ぶにしても日本の企業だけではなく、外資系の企業も選択肢に十分に入る時代になってきました。
しかし、外資系と行っても国の違いにより様々な特徴や違いが出てきます。
日本の隣の中国系の外資系企業の特徴といえば、商売人気質の国だけに利潤の追求にとてもシビアだという面があります。
日本では利潤を追求せずにお互いの関係を取り持っていこうという考え方がありますが、中国系ではお互いが利潤を追求した結果が良好な関係につながるという思想があるため、とにかく利益をあげる仕事をすることを求められる傾向があるのです。

中国系外資系企業の特徴(社風)関連ページ

米国系外資系企業の特徴(社風)
米国系外資系企業の特徴(社風)
韓国系外資系企業の特徴(社風)
韓国系外資系企業の特徴(社風)
イギリス系外資系企業の特徴(社風)
イギリス系外資系企業の特徴(社風)
ドイツ系外資系企業の特徴(社風)
ドイツ系外資系企業の特徴(社風)
フランス系外資系企業の特徴(社風)
フランス系外資系企業の特徴(社風)
スイス系外資系企業の特徴(社風)
スイス系外資系企業の特徴(社風)