国別

MENU

国別

国別記事一覧

現在では多くの人が日本の企業ではなく、外資系企業転職を考えているという人は多いのではないでしょうが。近年、グローバリゼーションは日本にとどまらず世界中どのような国でも重要な事とされ特にビジネスの世界では、自国だけで商売をするというのは時代遅れになりつつあります。その中でも特に本というのはそのグローバリゼーションに後れを取っている国であり、その土地柄外国と直接的に接することがない地域だっただけに、諸...

外資系企業転職を考えている人は、その外資系企業がどのような特徴を持っているのかを抑えておく必要があります。近年はボーダーレス化が進み、ビジネスをする上においても自国だけにはとどまらず世界に目を向ける必要が出てきました。特に日本は島国ということもあり、外国とは文字通り海の向こうの話だけにグローバル化に後れを取っている傾向にありますが、これからの時代を生き残るためには世界を相手に戦っていかなければなり...

韓国系の外資系企業転職を希望する人は、たくさんいます。その理由は、韓国系の外資系企業には魅力があるからです。韓国系の外資系企業で働く場合は、韓国の儒教の文化の関係で、目上の人を敬う傾向があります。企業内で目上の人といえば、上司やボスなどが挙げられます。上の人の指示に応答することは必須のため、上司の命令には従う必要があります。上司が命令する仕事内容は、時間や労力のかかる大変なものが含まれることもあり...

企業には、日本国内の企業と、外資系の企業とがあります。従来の日本では、国内の企業・団体で仕事をしようとする人が大半を占めていました。しかし、最近では外資系企業転職を目指す人も徐々に増えていることが注目されています。外資系企業には、さまざまな国の企業があるのですが、特に人気が高まっているのはイギリス系企業への外資系企業転職です。外資系企業転職をする場合は、国内企業に転職する場合よりも入念な準備をして...

ドイツ系外資系企業の代表的な特徴は、徹底した合理性にあります。無駄なことをしていたり、無駄なことをやっていることは許されないのです。会議や報告でも、的確でシンプルで必要なことだけを正しく伝えることが求められます。はっきりしなかったり、要約されておらず、だらだらとした意見や報告は時間の無駄となり、嫌がられますから注意が必要です。外資系企業転職をしたら、その企業の社風に合わせるのが一番です。外資系企業...

フランス系外資系企業の代表的な特徴は、議論が好きであることが挙げられます。外資系企業転職をしたら、どの国の企業でも、日本よりはきちんと自分の意見が言えることが大切になりますが、フランス系の企業は特にその傾向が強いと考えて良いです。ただ、意見が言えるだけではなく、より掘り下げた見解を述べられるようにしておいた方が良いです。また、フランス系の企業は、こだわりが強いことでも有名です。徹底的に洗練されたも...

外資系企業転職を考えている方にとって、スイス系の企業は、いまひとつ強いイメージが湧きにくいのではないでしょうか。スイスの代表的な産業といえば、時計や乳製品で、その分野では確かに有名なブランドが多数存在します。しかしそのほかに、金融業は世界的にも大きな位置を占めていますし、製薬・バイオ関係の大手企業がグローバルに展開しています。スイス自体は経済大国とはいえませんが、世界戦略で先端を行く企業が多数あり...