外資系企業に転職するならどこの国の企業かを把握すること

MENU

外資系企業に転職するならどこの国の企業かを把握すること

この日本に近年多くの外資系企業が進出してきており、本社を構える国も様々となってきています。
アメリカやヨーロッパの国を主に、アジア系の中国や韓国等の国も増加しておりますが、そういった海外の国による企業への転職や外資系企業転職を考えている際は必ずどこの国の企業であるのかを把握しておきましょう。

 

どこの国の企業なのかを把握しておく主な理由は、お国柄の特徴を掴む事が出来る事です。
企業の体質や社風はその国の影響を受ける事がありますので、国の考え方まで理解する事をお勧めします。
そして国を知る事でその国でどれ程の人気がある企業なのかを知る事が出来ます。
本国で人気や知名度がある企業であれば、日本という国でサービスや商品を展開しても同様に成功する可能性が広がります。
しかし本国での事業を成功していないのに、日本で成功するかという将来性は低くなります。
同様に本国だけではなく、それ以外の海外で事業を成功させているのかまで知る事でさらに日本での成功を予測する事にも繋がります。
どこの国の企業なのかを知る事で、企業研究と併せてお国研究もしておきましょう。
面接時等に国に関する話しになる機会もありますので、明確な考えを含めて話しが出来ればアピールに繋がるでしょう。