外資系企業で出世するなら本社のある国で働くべき

MENU

外資系企業で出世するなら本社のある国で働くべき

外資系企業転職をすれば分かることですが、重要な役職の大部分は本社からのスタッフによって占められています。人事や経理部は日本国内での手続きに強い必要があるので、日本人をトップにすることも多いですが、取締役などにはなれないことも多いのです。経理部や人事部以外の部署はトップが本社からのスタッフに占められていますから、出世の可能性もないのです。

 

どうしても外資系企業で出世したかったら、本社のある国へ行き、本社で採用されるようにしなければならないのです。もちろん、高い語学力もビジネススキルも要求されます。学歴や職歴も大切であり、皆が優秀と認めるような人材にならなければなりません。ただ、本社で採用されれば良いということではないのです。

 

本社のある国へ行って、採用されることはとても難しい場合も多いです。語学や文化の違いもありますが、最も大きな問題になるのはビザです。厳しい条件がある国も多く、外国で働くことは、意外と難しいものなのです。

 

外資系企業で働いている日本人の多くは、出世をしなくても良く、気軽に働けることを良く思っている人も多いです。出世に拘らなければ快適に生きられる生き方だからです。平社員で居続けたい人にはおすすめできるのが外資系企業の日本法人です。