外資系企業に転職するなら社風を把握すること

MENU

外資系企業に転職するなら社風を把握すること

外資系企業転職の際には、その社風を把握しておくことが大切です。
外資系企業の中には、日本人を働く道具としてしか考えていないような差別主義的な考えを持った企業も沢山あります。
また、日本人に合った社風ではないケースも多くあります。
例えば残業代を出さずに働かせる、ノルマを達成させるまで帰らせないなど酷いケースもあります。
外資系企業転職をする際には、その社風を自分の目で見て判断して把握しておく事が必要です。
外資系企業転職をするからと言って全てが実力主義でのし上がっていけるわけではありませんし、逆に終身雇用制度がない分、外資系企業転職をしない方がよかったという場合もあります。
外資系企業転職の決め手はその社風です。
外資系の会社は実力社会と言われていますが、社長もそうした環境の中で生きてきました。
そのため、外資系企業の社長が考えている事がよくわかる社風となっている事が多いです。
社長が考えている事が通常でないならば、直ぐにその会社から身を引いた方がいいです。
日本のブラック企業よりも、外資系企業の方が経営もマネジメントもブラックである事などざらにあることです。
よく把握して、よく判断する事が必要になってきます。