サービス業の外資系企業の特徴(社風)

MENU

サービス業の外資系企業の特徴(社風)

サービス業の外資系企業の代表的な特徴は、風通しの良さや裁量があることにあります。臨機応変な対応ができるように、個人の裁量が認められていることも多いのです。ただし、役職によって、裁量の範囲は明確に決められており、平社員だと何も決定権がないので、面倒なことには巻き込まれずに済むという特徴があります。

 

外資系企業転職をによって、もう1つ得られるのが、個人の権利の確保です。団体よりも個人の権利が尊重され、有給休暇なども取りやすくなっています。仕事よりも私生活の優先も可能であり、家族の誕生日などには役職が高い人でも早く帰ってしまうことが多くなっています。

 

また、外資系企業転職をすると顧客との立場が対等になるというメリットもあります。顧客もスタッフが仕事だから対応していることを了解しており、無理な要求はあまりしてこないのです。また、スタッフが気に入らなければ、サービスをすることを拒否できるので、おかしな顧客に悩まされることもなくなることでしょう。

 

外資系企業転職をしている人は、企業をステップアップのための道具だと考えている人も多く、組織に対する愛着などは感じていない場合も少なくありません。とても日本人にはドライに感じられるかも知れませんが、さっぱりしていて自由であることでもあるので、悪いことではありません。

サービス業の外資系企業の特徴(社風)関連ページ

建設業の外資系企業の特徴(社風)
建設業の外資系企業の特徴(社風)
製造業の外資系企業の特徴(社風)
製造業の外資系企業の特徴(社風)
不動産業の外資系企業の特徴(社風)
不動産業の外資系企業の特徴(社風)
小売業・飲食店の外資系企業の特徴(社風)
小売業・飲食店の外資系企業の特徴(社風)
運輸・通信業の外資系企業の特徴(社風)
運輸・通信業の外資系企業の特徴(社風)
金融・保険業の外資系企業の特徴(社風)
金融・保険業の外資系企業の特徴(社風)